スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危ない台

10月29日

お座り一発ばかりを目標にするとやたらと台移動を繰り返し、気がつけば大きくバラマキ負けをしてしまうということが多くなります。
しかし、回収台に座って回しこむことも大負けの原因になります。
危ない傾向にある台を避ければ、大負けする確率も低くなっていきます。

もう一度参考書で避けるべき台の傾向をチェックして見ましょう。
私なども、ついこれを忘れてしまうことがあります。
黄金率などの攻略法を持っていても、この傾向を無視すると痛い目に会ってしまいます。

1029a.jpg

1029b.jpg

大当たり回数と総回転数、現在の回転数をチェックして危険と思われる台を避けるようにしてください。
回収台は同じような傾向を持っているので、長い目でみれば大負けする確率を低く出来るはずです。

不調台の傾向(専用ページ)

下図のような不調台の反発を狙うのは、スランプグラフが見られない店では危険です。

1029c.jpg

危険な台を避けるために波を読むということが大切になります。
逆に危険なパターンが現れて、その後反発している台は翌日狙い目になったりすることがあります。

専用ページの更新が遅れていますが、これらの傾向をまとめるのが結構大変なんです(^^;)。
なんとかがんばりますので、よろしくお願いいたします。

おかげさまでランキングがあがりましたが、また下がってきたのでよろしくお願いいたします。


1023d.jpg


にほんブログ村 パチンコブログ ← 押してね。


パチンコ台の習性

パチンコ台には、放出すれば回収、回収すれば放出という習性があります。

放出 → 回収
回収 → 放出

スランプグラフを見れば、放出すれば、その分、もしくはそれ以上回収するといったことが簡単に理解できます。



0825A.jpg
25,000個ほど放出したあと、2日間ですっかり回収し、3日目から再度放出が始まっています。


0825B.jpg
2万個ほど放出したあとハマリ初めてから、翌日にかけて出た以上に回収し、2日目と3日目は遊び波、4日目に3万個ほど放出、そして5日目、6日目は回収に入っています。


0825C.jpg
3万個ほど放出後、2日間ですべて回収、3日目に遊び波、4日目に回収して5日目から放出に向かっています。

このように、放出したあとは回収ということが多く、放出した分を回収するのに2~3日ほどかかることが多く、3日周期、4日周期といった表現がよく使われたりします。
波を読む場合、嵌った日を基点として考えるより、放出した日を基点として考えたほうが良いように思えます。

4日間嵌ったから、そろそろ出るのでは?・・・といった考えで打つとこういう目に会ったりします。
0825D.jpg
8日間で、12万個(48万円)ほど回収しています。
これほどではないにしても、こういった不調期の長い台はどの店にも存在します。

波を読むというのは難しいですが、回る台を打っていれば勝てるというわけでもありません。
では、どういう台を選べば良いか・・・ということになります。

ここでは、放出と回収という習性について取り上げましたが、これで考えると出た台の2~3日後あたりから、つまり出た分を回収したあたりが狙いごろということになります。
そして、他にもいくつかの習性があります。

0825E.jpg
スランプグラフや大当たり確率などにもその習性が現れててきます。
パチンコのオカルトには、これらの習性もしくは傾向を上手く表現しているものがあります。
オカルトを上手く使いこなして、勝率40%以上を目指しましょう。

おかげさまで、ランキングもあがりました。
ありがとうございます。
 

にほんブログ村 パチンコブログ



空き台は良く当たる?

ホルコン攻略法によると、ホルコンは空き台を好んで当てるようなことが書かれております。
したがって、打ちっぱなしより空き台状態を故意につくり、インターバルを置いて打つほうが当たりを引きやすく、休めるときは上下の皿には1個も玉を残してはならないというのが常識になっていますな。
上皿の金属板は感知装置でそこに玉があると、空き台ではないとホルコンは判断するらしいです。
玉がなければ、空き台と判断して当たり易い状態にしてしまう・・・・・。

ホルコンって、そんなにバカなんですかな?

あの金属板って、玉のスベリを良くするためについているものだと思っていたんですが・・・。
もしそうなら朝一番に出かけていって、自分で打つ台以外、片端から空き台に何個か玉を放り込んでから自分の台で打ち始めたら早く当たるんでしょうか?
どなたか試してみてくださいな(^^;)。

私なんか食事休憩にいくときは、いつも上皿に玉は残していきます。
それでも帰ってきて、すぐに当たったという経験はあります。
色々試してみましたが、玉があってもなくても関係ないんじゃないでしょうか。
そして、通常時はインターバルをとってもとらなくても関係ないように思っております。
ブログの実践報告は、時短中以外は打ちっぱなしです。
周りを見ても当たっている台の多くは、打ちっぱなし状態から当たっていますからね。
我がホールは爺さん婆さんばっかりで、ホルコンなんてものは知りゃしません。
保留が満タンにになっても打ちっぱなしであります。
それでも、当てまくっております。
私も打ちっぱなし状態で当たりを引くことのほうが圧倒的に多いです。
そして、初当たりゾーンで当たることが多くなっております。

打ちっぱなしで入賞タイミングが合って当たった、休んだからタイミング変わって当たった・・・、
どちらがいいともいえないようですな。
まあ、休ませて当たることもあるので、数十回転回して当たらなければちょっと休んでみるというようにするのもいいかな?と思っていますが、時短中だけはデモ出しで上手く行くことが多くあったので味をしめて毎回やっております。

ハネデジは、インターバルをとりながら打つとよく当たることがあるから不思議です。
なので、ハネデジだけは休ませながら打つようにしてますが、当たらないときは何をやってもダメですね。

ホルコンによる割り数調整があるにしても、巨額なシステムを2万円程度で手に入れた攻略法でうまく攻略できるかどうかは疑問であります。

私なんか、たった一人しかいないシマで出すことがよくあるのですが、これなんかはどう説明するんでしょう。
誰もいないシマでは、打っている台に当たり番がくるということですかな。

時短終了後150回転

時短終了即ヤメ、時短終了100回転以内の台をねらう人も多いと思う。
これは、なかなか良い方法であると思う。

単発や1セットの場合、不調台はその後かなり回転数を消化しなければならないということが多いのだが、下表を見てもらえば分かるように、時短終了後150回転以内に引き戻すことも多い。
そこで引き戻さないと、500回転くらい回さなければならなくなることが多い。

tan.gif

不調だった台が、単発をキッカケに数珠連を引き一気に出玉を伸ばすことがある。
これは、私のオカルトの切り替わりポイント前後からであることが多くなっている。

しかし、単発・1セットの後は苦労することのほうが圧倒的に多いので、
参考書をお持ちの方には、送ってあるデータを見て当たり方の傾向を知って立ち回りにいかして頂きたい。。


オカルトと攻略法は使いよう・・・・。

私は、1日の予算を20,000円~25,000円程度に決めています。

パチンコは、1/350の確率なら、350回転で初当たりを引く可能性は50%。
350回転というのは、20/Kの回転率で15,000円です。
400回転だと70%以上の確率で初当たりを引けます。
この場合は20,000円。

実際には10,000円以内で当たることも多いのですが、25,000円使って当たらないこともあります。

20,000円~25,000円!
恐ろしい金額です。

大海SPなどでは、1回の負け金額を抑えるようにすれば、勝率50%程度でも1ヶ月の収支はプラスになることが多いので、立ち回りが重要になってきます。

1台で400回転まわすのが良いのか、100回転ずつ4台回すほうがいいのかという問題がでてきます。
同じ確率、回転率の台なら、どちらでも当たりを引く可能性は同じはずです。
このあたりは、臨機応変であります。

いちばん悪いのは、回る台を探してバラマキ負けをすることです。
今の台は液晶が大きいので回転ムラが激しくなっていますから、1,000~3,000円程度では回転率はわかりません。
1万で24回平均回っていたのが、次の1万円で21回平均なんてことは当たり前です。
これは、雑誌などで誌上プロたちが、釘を読んで台を選んでも回転ムラに悩まされているのをみればわかります。
まして出玉削りが激しい店が多いので、ボーダープラス3回転なんて台はほとんど見つけられないでしょう。

最近は、ボーダー程度の回転率で我慢するようにしています。
回る台を探して5,000円も試し打ちをするなら、選んだ台をジックリ攻めたほうが良い結果が出ることのほうが多くなっています。
全然回らない台ではジックリ打つことも出来ませんが・・・・。

オカルトでも何でも、立ち回りの指針をしっかり持っていなければ、20,000円程度は簡単にばら撒いてオシマイということが多くなり、とても怖くて打てたもんじゃありません。
したがって私は、ボーダー程度の回転率が期待できる店で、できるだけ初あたりゾーンや切り替わりゾーンに近い台をジックリ打つようにしております。
(初当たりゾーンや切り替わりゾーンについてはココをご覧ください。)

それでも極端に回らないとイライラしてやめて、オカマを掘られてしまうということもあります。
こういったことを防ぐために、「超効率打法」という攻略法を使っています。
ゆっくり打ってみると、回らないのが回りだしたり、逆にポンポン回っていたのが回らなくなったりします。
回ると思って打っていくうちに、10,000円も使ったら結局回らない台だったというような、上ムラに騙されなくなります。

攻略法も自分なりに使い方を工夫すれば、少なからず役に立つものです。
バカとハサミは使いよう・・・・という言葉がありますが、
オカルトと攻略法は使いよう・・・・というわけです。


 ↓ まことにお手数でありますが、何卒ポチッ、ポチッと二つお願いいたします。



にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村




応援ありがとうございます
            >にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村
メール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。